栃木県で作陶されている岡田崇人さんの象嵌の壺です。

岡田さんは益子の人間国宝 島岡達三氏の元で修行の後独立。
模様を彫り釉薬埋めていく象嵌や化粧土を重ね
柄を掻き出していく掻き落としなどの技法を用いて
益子の土を用いて今の生活スタイルに合ううつわを作られています。

【サイズ】
口内径 約0.8cm 本体 約10.5cm 高さ 約17.5cm 重さ 約600g

※大きさ・重さ・容量等には個体差がありますので目安としてお考えください。

※複数個あるものに関しましては写真と同じものをお送り出来るとは限りませんので
その旨ご了承ください。

※ 複数ご注文される場合はなるべくサイズを合わせてお送り致しますがご希望に添えない場合もございますのでご了承ください。